マレーシア飛行機工場オープン

急きょ、マレーシア出張が決まったので、飛行機の材料と道具をA4のトレー2個にまとめて持って行ってみました。
f0233011_1119356.jpg

うちの飛行機はピーナッツスケールサイズなので、バルサの板もストリンガーも30cmに収まります。
作業台は30cm×20cm×0.5mmのステンレス板(SUS404)を持っていき、ホテルのテーブルのガラス板にテープで張り付けて使いました。
作業台への部品の固定はネオジウム磁石で行います。
はさみ、カッター、定規等々はペンケースに入れて持っていきました。

滞在期間が長くなることを想定して2機分準備していきました。
f0233011_11261293.jpg

こんな感じで、4週間の滞在で、生地まで出来ちゃいました。
紙貼りとラッカー塗りまでの準備をしていったんですが、じっくり考えたい部分が出てきたので、マレーシアでは生地完まででストップ。

持ち帰りは、ダイソーでかった幅33cmある米櫃ケースにトイレットペーパーを緩衝材にして入れて持って帰ってきました。
内寸が32cmくらいしかなかったという予想外の事態が起きたけど、主翼を斜めに入れてなんとか持ち帰りました。
(33~34cmくらいのケースってなかなか売ってないです)

マレーシアでの飛行機生地の生産移管ができることが証明できました。
続きは、年末に向けて飛行機作成プロジェクトが、立ち上がるでしょう。
[PR]

by hiokasw20 | 2016-09-11 11:33 | Comments(0)

<< フォトコン佳作 マレーシア行ってきました(トリ... >>